【コマスター】シーズン1使用デッキ(~16.5.31)

そんなに勝てたわけではないけど思考のまとめとして残しておくことにした。



<フィギュア>
オニスズメ(3)/ルチャブル(3)/ゼニガメ(3)/コダック(2)/ヌメラ(1)/ミュウツー(2)

<プレート>
ディフェンダー(1)/プラスパワー(1)/プラスパワー(1)/ポケモン回収(1)/ポケモン入れ替え(1)/ダブルチャンス(1)



以下雑感と解説(というほどのものでもないけど)。






環境について

まず、基本的にMP3の移動力と飛ぶによって相手の駒を利用して1ターンでリーチをかけられるオニスズメ、そしてMP3且つ特性フライングで退却がない安定行動の鬼たるルチャブルの2体が特に強力だった第1シーズン。

更に、100の火力と撃退性能を持つ星2の紫技を引っ提げてゴールに構えるカメックスという要塞ポケモンも登場した。

そんな環境の中で、とりあえずは(1)極力安定行動を取れる構築にする、(2)基本的にどんな相手に対しても何らかの対抗策を用意する、という2つを構築のベースにしてデッキを組んだ。



フィギュア個別解説

・オニスズメ

1体目は、対策されていたとしてもそれなりに強く、対策していないようなら一瞬で決着がつくこともあるオニスズメ。対策されていても、隙を見せようものならそこを突いてゴールを狙いに行けるため、このポケモンがいるだけで相手の行動の幅は大きく狭まるし、こちらとしても強力な勝ち筋になっている。

また、飛ぶの優先度が高いことでカメックスと対面してもゴール以外では簡単に止められることがないというのも強力な採用理由。

MP3で攻め向きの駒であるため、序盤の展開がし易いのも全体の動かし易さに繋がっているように感じた。

勿論、ここで飛べば勝てるという状況が多いオニスズメとディフェンダーやダブルチャンスとの相性は抜群。序盤にオニスズメで仕掛ける場合は、オニスズメを失って負けに直結しないよう、ディフェンダーから入るようにしたい。


・ルチャブル

コマスターにおける戦闘がルーレットである以上運要素が絡むのは必然なので、試行回数次第で相手の突破を可能にしてくれてこちらから仕掛けてもターン消費以外のデメリットがないルチャブルは運も大して絡むことなく非常に魅力的な駒だった。

MP3はやはり非常に偉く、特性の関係上後方に配置することの多いルチャブルは、自陣のどこかが崩れても持ち前の移動力ですぐにカバーに入ることが出来る。

このデッキの中ではプラスパワーとの相性がよく、急いで相手を倒したい場合はフライングを利用しつつプラスパワーで殴りかかる。

オニスズメにも言えることだが、相手のエントリーをこのポケモンで奪ってもそこから先の展開へ繋げることは難しいので、ポケモン入れ替えの対象になることがそれなりに多い。


・ゼニガメ

本構築における守りの要で、からにこもることによる時間稼ぎが非常に優秀。

守りの駒がMP3であることは重要で、ゴールを中央から狙いにくるルートを一手で抑えることができるため、MP3は攻め以上に守りで必要性が高いと感じた。実際、MP2が多いデッキを使ってみると、守りでミスをしたりルーレットが崩れたりすると守りが追いつかない頻度が上がって負けに繋がることが多かった。

青技が軸になっていることもこのポケモンの優秀さになっており、紫技中心の相手であっても時間稼ぎが有効になるため、対オニスズメではイトマルの方が分があるとはいっても守りとしてはイトマルやコイルなどより適切だと考えている。

ただ、だからといって慢心は禁物で、どれだけ優秀だといっても青技が出る確率はたかが半分弱なので、コダックやミュウツーなどと二重のゴール防衛布陣を敷いておきたい。


・コダック

紫技がメインのポケモンのうち、MP3のポケモンは白技打点が30以下であることが多く、そういったポケモンはコダックの特性偏頭痛と白技によって比較的安定して退却させることが可能になっている。

つまり、オニスズメも牽制することができ、ヤミカラスやコイルといった紫技メインの高移動力・低打点に対して強い駒ということになる。

更にコダック採用のメリットとして、倒してきた相手を混乱にする可能性があるという点がある。

これは本構築の対カメックス案の一つで、混乱によるルーレットのズレに弱いカメックスに対してこちらから攻撃を仕掛けることで積極的に混乱を狙っていくことを想定している。


・ヌメラ

フィニッシャーその1。守りを固めた後、自陣からゆっくり進撃してゴールを狙うか、ポケモン入れ替えから相手ゴール近くに登場してぬめぬめ回避でゴール奪取するのが目的である。

数あるMP1アタッカーの中でヌメラを選択したのは対カメックスを考慮してのことで、白技メインのポケモンはカメックスの高い打点に勝ちづらいし、かといって中途半端な紫使いではカメックスに返り討ちに遭う。

そこで白羽の矢が立ったのがヌメラで、このポケモンは紫技が中心であるにもかかわらずその優先度が全て2であることから、カメックスのミラーコートに対して互角に戦うことが出来る。

更に生半可なポケモン単体ではヌメラを止めることは困難で、ぬめぬめ回避を利用してどんどんゴールに近づいていける。

ぬめぬめ回避対策としては、ヌメラの前に2体を縦に並べることで入れ替えと同時に挟み撃ちの状況を作っておくことだが、そうされた場合でも一歩引いて守りの駒として運用すればよい。


・ミュウツー

フィニッシャーその2。優先度2のサイキックブローが兎に角強力で、相手エントリーポイントからポケモン入れ替えで登場してダブルチャンスからサイキックブローを決めて勝ち、なんて試合はそれなりにある。

60という高い打点(以降70に修正)も魅力的で、紫技と併せて比較的倒されにくい駒となっている。

ただ、生き残りたいときに発動する青技はやはり大きなデメリットであるが、それを考慮してもミュウツーの攻撃能力は使い易かった。

因みに、ポケモン回収との相性は抜群で、ゴールに構えていたゼニガメが挟み撃ちでダブルリーチをかけられたとしても、ポケモン回収によりミュウツーを手札に戻しサイキックブローを狙うことで、本来負け確定であった局面を乗り切ることができるのは覚えておきたい。



プレート解説

このデッキのダブルチャンスは、基本的に「決めたら勝ち」の局面のみで使うため、1枚だけとなっている。

その分ミュウツーなどとシナジーのあるポケモン回収やポケモン入れ替えなどを選択し、立ち回りの幅を広げている。

ミュウツーと相性がいいだけでなく、こちらが眠らされたときにこれらのプレートで一旦ベンチに戻して再度出せば状態異常も回復することが出来るため、状態異常対策としても運用できるのは非常に大きい。

ディフェンダーは序盤のオニスズメチャレンジに使う以外にも、倒されるとまずい場面での利用が有効で汎用性が高い。

そして、余りの枠はルチャブルの突破性能を高めるためのプラスパワーを採用した。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rimo

Author:rimo
TGAでポケモンやってます。主にダブルで、他にはローテーションやシングルなど。アニメの話もするかも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR